あさひ・おおもりのどうぶつ病院 > 神奈川県横浜市旭区のあさひのどうぶつ病院 > トピックス【あさひのどうぶつ病院】

トピックス【あさひのどうぶつ病院】

避妊去勢手術について

近年、飼主様の知識の向上により、不妊手術を積極的に受けられる方が大変多くなってきています。

不妊手術のメリットは大きいため、ご家族の一員として長く健康に過ごして頂けるように、当院では繁殖計画の無い方にはお勧めしております。

病気の予防として

多くの病気の予防や緩和になるため、より健康的に長生きすることができます。

女の子は、乳腺腫瘍、卵巣・子宮の病気、出産時の産科疾患、持続性発情などの予防

男の子は、精巣の腫瘍、前立腺の病気などの予防、ウイルス性疾患(猫白血病、猫エイズなど)感染リスクの減少

問題行動の予防として

性ホルモンの影響を受ける行動には、優位性攻撃行動(威嚇・喧嘩など)、尿マーキング、放浪、マウンティングの一部などがあります。

女の子の発情サイクルが気分にムラを招き、不安行動に影響していることもあります。

不妊手術を行うと性ホルモンによるストレスや衝動から解放され、行動が安定し性質が穏やかになります。

性ホルモンによる行動がある期間続くと、大脳で学習されます。

学習前の手術はより効果的ですが、学習後も行動を完全に消失できないこともありますが、効果的に軽減することはできます。

不妊手術を行っても、生まれ持った性格は変わりません。

遺伝病の予防として

様々な犬種で「遺伝病」が認められています。

股関節形成不全、停留睾丸(陰睾)、その他種々の劣性遺伝子による病気などがあります。

必要でない遺伝子が伝わるのを防ぐためには、計画的な繁殖が必要です。

社会的な理由として

沢山の犬・猫が生まれている半面、毎日多くの犬・猫が処分されています。

こういった過剰繁殖問題や、飼主の飼育放棄の問題などを解決するためには最も効果的であると考えられています。

当院では去勢手術は1泊2日、避妊手術は2泊3日で行っております。
術前検査を行い、より安全に実施できるよう努めております。
糸を使わない手術方法なども取り入れておりますので、ご希望のかたはお気軽にご相談下さい。

関節炎のチェックポイント

  • 歩いている様子がおかしい
  • 歩くのを嫌がる
  • 歩くのが遅くなった
  • 歩幅が狭くなる
  • 脚を触ると嫌がる
  • 階段の上り下りを嫌がる
  • 脚を引きずる、挙げたままにしている

2個以上当てはまる場合は関節炎の症状が出ているのかもしれません。

眼のチェックポイント

  • 左右の眼の大きさに違いがある
  • 物にぶつかったり階段を踏み外すことがある
  • 眼を細くしてまぶしそうにしている
  • まぶたがかすかに震えている
  • まぶたが腫れている
  • まつげに異常がみられる
  • 眼の周囲が濡れている
  • 目やにが多い
  • 白目が赤くなっている
  • 黒目が白く濁っている
  • 眼の中の色に変化がある

1個でも当てはまる場合は眼に異常があるかもしれません

混合ワクチンの追加接種を忘れていませんか?

ウイルス感染症・細菌感染症には

  • 有効な治療方法が無いもの
  • 死亡率が非常に高いもの
  • 人にうつるもの

などもあり、それらの病気に対しては感染前に予防することがとても重要になっています。

予防方法としてはワクチンが最も有効であり、1年に1回のワクチン接種により多くの感染症を予防することができます。

本来は仔犬の時期以外でも、狂犬病予防接種、フィラリア予防、ノミ・ダニ駆除薬などと同様に非常に重要な予防の一つとなっています。

地域によっては伝染病の感染率の低さなどから忘れてしまいがちですが、
”もしかかってしまうと非常に危険な病気”を予防してくれます。
接種率の低下は地域の爆発的流行(パンデミック)につながることもあります。

皆様の大切なワンちゃん、ネコちゃんに適切な予防をしてあげてください。