あさひ・おおもりのどうぶつ病院 > 大田区東馬込 の おおもりのどうぶつ病院 > トピックス【おおもりのどうぶつ病院】

トピックス【おおもりのどうぶつ病院】

関節炎のチェックポイント

  • 歩いている様子がおかしい
  • 歩くのを嫌がる
  • 歩くのが遅くなった
  • 歩幅が狭くなる
  • 脚を触ると嫌がる
  • 階段の上り下りを嫌がる
  • 脚を引きずる、挙げたままにしている

2個以上当てはまる場合は関節炎の症状が出ているのかもしれません。

眼のチェックポイント

  • 左右の眼の大きさに違いがある
  • 物にぶつかったり階段を踏み外すことがある
  • 眼を細くしてまぶしそうにしている
  • まぶたがかすかに震えている
  • まぶたが腫れている
  • まつげに異常がみられる
  • 眼の周囲が濡れている
  • 目やにが多い
  • 白目が赤くなっている
  • 黒目が白く濁っている
  • 眼の中の色に変化がある

1個でも当てはまる場合は眼に異常があるかもしれません

混合ワクチンの追加接種を忘れていませんか?

ウイルス感染症・細菌感染症には

  • 有効な治療方法が無いもの
  • 死亡率が非常に高いもの
  • 人にうつるもの

などもあり、それらの病気に対しては感染前に予防することがとても重要になっています。

予防方法としてはワクチンが最も有効であり、1年に1回のワクチン接種により多くの感染症を予防することができます。

本来は仔犬の時期以外でも、狂犬病予防接種、フィラリア予防、ノミ・ダニ駆除薬などと同様に非常に重要な予防の一つとなっています。

地域によっては伝染病の感染率の低さなどから忘れてしまいがちですが、
”もしかかってしまうと非常に危険な病気”を予防してくれます。
接種率の低下は地域の爆発的流行(パンデミック)につながることもあります。

皆様の大切なワンちゃん、ネコちゃんに適切な予防をしてあげてください。