あさひ・おおもりのどうぶつ病院 > 大田区東馬込 の おおもりのどうぶつ病院 > 診察について【おおもりのどうぶつ病院】

診察について【おおもりのどうぶつ病院】

診察受付時間

当院は予約制です。
当日でもお気軽にご連絡下さい。

診療時間

※火曜日は、トリミングのみ受付しております。

12:00~15:00  手術・検査の時間になっております。

診察以外の受付・対応は行っております。
お電話、トリミング、ホテルの対応は8:00頃から可能です。お気軽にご連絡ください。

あさひのどうぶつ病院は『DVMs動物病院グループ』の一員です。

er[1]

夜間救急病院、CT診断センター、動物2次医療センターと提携しております。

診療動物

フェレット ウサギ ハムスター 小鳥 モルモット
犬 猫 フェレット ウサギ ハムスター 小鳥 モルモット

病院施設のご紹介

受付 待合室
受付 待合室
第一診察室 第二診察室
第一診察室 第二診察室
入院犬舎 犬舎
入院犬舎 犬舎
手術室 トリミング室
手術室 トリミング室

当院設備のご紹介

手術室
カラードプラエコー
血液の流れがわかるエコーです。
カラードプラは血流方向がわかり、血流速度なども測れるため、心臓の検査も行うことができます。
眼圧計
眼圧計
眼圧計は角膜表面で眼球圧を測り、緑内障などを診断します。
スリットランプ
スリットランプ
角膜や前眼房など眼球を観察するためのライトと拡大鏡が備わった器具です。
カメラ付き耳鏡
カメラ付き耳鏡
通常の耳鏡では直接耳の中をのぞくことしかできませんが、、カメラが付いていますのでモニターで耳の中を詳しく診ることができます。
電子内視鏡
電子内視鏡
食道・胃・十二指腸・結腸など消化器の異常を全身麻酔下で確認できます。
粘膜面の細胞を採材することもできるため、病理検査を行うこともできます。
おもちゃなどの異物を食べてしまった場合には、ある程度の大きさでしたら胃を切開することなく摘出することができます。
半導体レーザー
半導体レーザー
手術時に止血をしながら切開するレーザーメスとして使用します。
血管だけでなく神経の先も丸めながらカットしていくため、電気メスよりもはるかに痛みが少なく、局所麻酔のみで体表のある程度の大きさまでの腫瘤を切除することもできます。
全身麻酔は必要ありませんので、日帰りが可能です。
メスとしてだけでなく、緑内障の治療である経強膜毛様体光凝固術や肛門のう破裂を防ぐ肛門のうの分泌腺の凝固術、椎間板ヘルニアなどの神経系の損傷の治療、疼痛緩和としてのソフトレーザー処置なども行うことができます。
シーリングシステム
シーリングシステム
電気メスとは異なり、シーリングして手術時の止血を行います。
人体でも使用されているものなので、かなり太めの血管でも押さえることが可能です。
避妊・去勢手術もこの器具で行うことにより、卵巣・子宮・精巣を糸で結紮せずに摘出することができます。
縫合糸ろう管や脂肪織炎、反応性肉芽腫などの手術の糸による反応を防ぐことができます。
M.ダックスなどの遺伝的に発生の多い犬種の方などには、特にお勧めです。
シーリングシステムでの避妊・去勢手術をご希望の方はご相談下さい。
手術時間の短縮にもつながります。
アルゴンガス電気メス
アルゴンガス電気メス
先端からアルゴンガスが出ることにより、手術での切開、止血時により強力な効果を得ることができます。
止血効果の高さから、内視鏡での病理採材時の出血を止血することにも利用されています。使用方法は通常の電気メスと同様です。
デジタルX線画像診断システム
デジタルX線画像診断システム
エックス線撮影した画像を、デジタル処理してデータ保存してくれます。
データをすぐに院内のいろいろな場所でみることができます。
画像がきれいで、解析もしやすく、診察が早く行えメリットが多いです。
現像液の廃液なども出ず、フィルムの廃棄もいらないのでエコな診察が可能です。