あさひ・おおもりのどうぶつ病院 > 鑑別診断

鑑別診断

当院では、下記の鑑別診断リストに基づいた診察をおこなっています。

血管リンパ系

  • ◎徐脈

    • ○インパルス生成の障害
      洞性徐派

      • ●生理的

        • ・迷走神経緊張

          • 内因性
          • 外因性

            • 迷走神経に触れて刺激
            • 外科手術
            • 薬物

        ●病的

        • ・全身性疾患

          • 尿毒症
          • 中毒血症
          • 腹膜炎
        • 心停止
        • 低酸素血症
        • 低体温
        • 脳脊髄液庄上昇
        • 高カリウム血症

        ●薬物性

        • 麻薬
        • 精神安定薬
        • 麻酔薬
        • 抗不整脈薬
        • β-アドレナリン遮断薬
    • 〇刺激伝導障害

      • ●房室伝導

        • 高カリウム血症
        • 副腎皮質機能低下症(アジソン病)
        • 乏尿性腎不全
      • ●高度の房室ブロック

        • 後天性

          • 特発性心筋線維症
          • 心筋症
          • 拡張型(猫),肥大型(犬,猫)
          • 腫瘍細胞浸潤
          • ヒス束狭窄
          • 細菌性心内膜炎
          • 高カリウム血症
        • 薬物性

          • ジゴキシン,キシラジン,β-アドレナリン遮断薬,麻薬
          • 精神安定薬,ドキソルビシン,抗不整脈薬

    ◎頻脈

    • ○洞性頻脈
    • ○心房性頻脈
    • ○心房細動
    • ○心室性頻脈
    • ○洞性頻脈

      • ●生理的

        • 運動
        • 興奮
        • 痛み

        ●病的

        • うっ血性心不全
        • 全身性疾患

          • 発熱
          • ショック
          • 出血
          • 貧血
          • 低血圧
          • 甲状腺機能亢進症
          • 感染
        • 低酸素
        • 薬物

          • アトロピン
          • カテコールアミン
          • ヒドララジン
        • 中毒

          • ヘキサクロロフェン
          • 細菌内毒素
    • ○心房性頻脈

      • ●心房拡大

        • 僧帽弁不全
        • 心筋症

          • 犬の拡張型
          • 猫の肥大型

        ●低酸素

        • うっ血性心不全
        • 肺疾患

        ●腫瘍

        • 右心耳の血管肉腫

        ●薬物

        • ジギタリス
        • 麻酔薬

        ●薬物

        • ジギタリス
        • 麻酔薬

        ●低カリウム血症

        • 利尿薬使用

        ●特発性

    • ○心房細動

      • ●左心房拡大

        • 犬の拡張型心筋症
        • 猫の肥大型心筋症
        • 僧帽弁不全

        ●高カリウム血症

        • アジソン病

        ●低体温

    • ○心室性頻脈

      • ●心筋の障害

        • 心筋症
        • 挫傷
        • 心筋炎
        • パルポウイルス
        • 菌血症
        • 腫瘍
        • 特発性心筋症
        • うっ血性心不全
        • 毒素血症
        • 胃稔転
        • 菌血症
        • 膵炎
        • 腹膜炎
        • 低酸素

          • 貧血
          • うっ血性心不全
          • 肺疾患
        • 薬物

          • ジギタリス
          • アドリアマイシン
          • 麻酔薬
          • ケタミン
          • 抗不整脈薬
        • 代謝障害

          • 尿毒症
          • 低カリウム血症
          • 甲状腺機能亢進症

    ◎頚静脈圧上昇と頚静脈拍動

    • ○うっ血性右心不全

      • ●肺動脈狭窄(先天性)
      • ●三尖弁閉鎖不全(先天性,後天性)
      • ●心筋症
      • ●肺性心
      • ●肺高血圧

        • 心糸状虫症
        • 慢性僧帽弁閉鎖不全

      ○右心室流入障害

      • ●心のう水貯留
      • ●心膜収縮(腫瘍性)
      • ●心基部腫瘍
      • ●心臓内腫瘍
        • 右心房粘液腫
        • 肉腫

    ◎心雑音(まず考えるべきもの)

    • ○幼若動物

      • ●先天性心疾患

      ○大型犬

      • ●拡張型心筋症
      • ●僧帽弁閉鎖不全
      • ●三尖弁閉鎖不全
      • ●細菌性心内膜炎

      ○小型犬

      • ●僧帽弁閉鎖不全
      • ●三尖弁閉鎖不全
      • ●細菌性心内膜炎

      ○猫

      • ●心筋症
      • ●甲状腺機能亢進症

    ◎可視粘膜蒼白

    • ○貧血
    • ○低血液量性ショック

      • ●体液体外喪失

        • 脱水
        • 血漿喪失
        • 出血

        ●体内での液体移動

        • 液体貯留
    • ○副腎皮質機能低下症(アジソン病)
    • ○心原性ショック

      • ●心筋収縮不全

        • 拡張型心筋症
        • 末期のボリュームオーバーロード

          • 僧帽弁閉鎖不全
          • 大動脈弁閉鎖不全
          • 先天性障害
      • ●頻不整脈
      • ●心タンポナーデ
      • ●肺血栓症
    • ○血管運動ショック

      • ●敗血性
      • ●神経性
      • ●創傷
      • ●痛み
      • ●アナフィラキシー

    ◎チアノーゼ

    • ○中心性(全身性)

      • ●動脈血酸素飽和度の低下

        • 肺胞での換気低下
        • VPミスマッチ(換気血流不均等):肺胞から血管への酸素の移行障害
        • 血管シャント

        ●ヘモグロビン異常

        • メトヘモグロビン血症
        • スルフヘモグロビン血症

      ○末梢性

      • ●心拍出量低下
      • ●血管収縮(寒冷)
      • ●静脈閉塞
      • ●動脈閉塞

    ◎リンパ節腫大白

    • ○リンパ節炎
    • ○リンパ節過形成
    • ○リンパ腫
    • ○腫瘍の転移
    • ○髄外造血

呼吸器

  • ◎咳

    • ○上部気道疾患

      • ●咽頭炎
      • ●扁桃炎
      • ●気管炎
      • ●気管虚脱(犬)
      • ●腫瘍

      ○下部気道疾患

      • ●気管支炎
      • ●気管支拡張
      • ●肺炎
      • ●繊毛機能不全
      • ●肺線維症/膿瘍
      • ●肺門リンパ節腫脹

        • 腫瘍
        • 真菌感染
      • ●アレルギー性気管支炎
      • ●好酸球性肺炎(PIE症候群)
      • ●真薗感染
      • ●物理的損傷

        • 気管支内異物
        • 煙吸引
        • 気管支虚脱
      • ●肺,縦隔,気管支の腫瘍

      ○心血管疾患

      • ●左心不全
      • ●左心房拡大
      • ●心糸状虫症
      • ●肺栓塞症
      • ●肺水腫

    ◎長い吸気性呼吸困難(しばしば音を伴う)

    • ○上部気道の異常

      • ●鼻腔狭窄
      • ●鼻炎/副鼻腔炎
      • ●軟口蓋腫脹
      • ●喉頭疾患

        • 喉頭炎
        • 喉頭浮腫
        • 喉頭麻痺
        • 喉頸痙攣
        • 外傷による損傷
        • 虚脱
      • ●気管/気管支内異物または腫瘤
      • ●気管気管支の外側からの圧迫

        • 前縦隔腫瘤
        • 気管気管支虚脱
        • 肺門リンパ節腫脹

    ◎浅速呼吸困難(吸気・呼気性)

    ~下部気道と肺実質の障害~

    • ○気管支疾患

      • ●慢性気管支炎
      • ●アレルギー性気管支炎

        • 好酸球性肺炎(PIE症候群)
        • 喘息
      • ●肺虫症
      • ●肺炎
      • ●肺水腫

        • 左心不全
        • 低アルブミン血症
        • その他

        ●肺血栓症

        • 心糸状虫症
        • 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
        • その他
      • ●肺の創傷
      • ●肺線維症
      • ●肉芽腫性肺炎
      • ●深部真菌症
      • ●肺腫瘍

      ○拘束性

      • ●気胸
      • ●胸水
      • ●心裏水貯留
      • ●横隔膜ヘルニア
      • ●縦隔・胸壁の腫瘍
      • ●胸壁の揖傷(フレイルチェスト)
      • ●過度の肥満
      • ●高度の肝腫大
      • ●過度の腹水貯留
      • ●大型の腹腔内腫瘤
      • ●高度の胃拡張

    ~その他の浅速呼吸の原因~

    • ○貧血

      • ●メトヘモグロビン血症
      • ●代謝性アシドーシス
      • ●熱射病
      • ●呼吸中枢の損傷

        • 頭部外傷
        • 脳炎
        • 脳腫瘍

        ●神経筋の障害

        • 多発神経根炎
        • 横隔膜麻痺
        • その他

        ●痛み

        • 肋骨,脊准の骨折
        • 胸膜炎
        • その他
      • ●パラコート中毒
      • ●感電

    ◎喀血

    • ○心血管性

      • ●肺血栓症

        • 心糸状虫症
        • 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
        • 糸球体腎炎
      • ●急性膵炎
      • ●腫瘍
      • ●敗血症
      • ●播種性血管内凝固
      • ●肺水腫
      • ●左心不全
      • ●先天性心疾患

      ○炎症性

      • ●気管支炎
      • ●細菌性気管支肺炎
      • ●真薗性肺炎
      • ●肺膿瘍

      ○腫瘍性

      • ●気管支原発
      • ●転移性

      ○その他

      • ●創傷
      • ●凝固障害
      • ●気道内異物
      • ●内視鏡などによる損傷
      • ●肺の針吸引生検
      • ●肺の空洞性病変

    ◎しゃみと鼻汁

    • ○漿液性

      • ●FVR初期(猫ウイルス性鼻気管炎)
      • ●FCI(猫カリシウイルス感染症)
      • ●クラミジア(猫)
      • ●鼻腔内寄生虫
      • ●口鼻瘻孔
      • ●ライノスポリジウム(犬)
      • ●アレルギー性鼻炎
      • ●リンパ球形質細胞性鼻炎
      • ●後天性鼻咽頭狭窄

      ○化膿性

      • ●鼻腔内

        • ウイルス性上部気道感染症と細菌感染の合併
        • 真菌感染
        • 異物
        • 創傷性鼻炎,副鼻腔炎
        • 口蓋裂
        • 腫瘍
        • 鼻咽頭ポリープ
        • 口鼻凄管

        ●鼻腔外

        • 細菌性肺炎
        • 巨大食道(誤喋性肺炎)
        • アカラジア(食物逆流)
        • 後天性食道狭窄

      ○粘液性/粘液膿性

      • ●真菌感染
      • ●腫瘍

    ◎鼻出血

    • ○鼻腔内の問題

      • ●急性創傷
      • ●口鼻痩管

      ○鼻腔外の問題

      • ●フォン・ヴィルブランド病
      • ●第Ⅷ因子欠損(血友病)
      • ●他の凝固因子欠損症
      • ●血小板減少症

        • 感染性
        • 免疫介在性
      • ●播種性血管内凝固
      • ●過粘稠度症候群

        • 多発性骨髄腫/マクログロブリン血症

        ●毛細血管脆弱性の亢進

        • 高血圧
        • 高脂血症
        • 血栓塞栓症

消化器

  • ◎黄疸(皮膚や白目の黄変など)

    • ①肝前性

      • 溶血性貧血

      ②肝性

      • 肝細胞障害

      ③肝後性

      • 胆管閉塞

    ◎急性小腸性下痢(全身症状がない場合)

    • 食餌性
    • 寄生虫
    • 原虫
    • ごみあさり
    • 医原性

    ◎急性小腸性下痢(全身症状がある場合)

    • ①細菌性

      • サルモネラ
      • 大腸菌
      • クロストリジウム
      • カンピロバクター

      ②ウイルス性

      • ジステンバー
      • パルポ
      • コロナ
    • ③毒素
    • ④出血性胃腸炎
    • ⑤急性膵炎

    ◎慢性小腸性下痢

    • ○小腸疾患

      • ●炎症性

        • 好酸球性腸炎
        • リンパ球プラズマ細胞性腸炎
        • 肉芽腫性腸炎

        ●腫瘍性

        • リンパ腫
        • 小腸癌

        ●食餌性

        • グルテン腸症
        • ラクトース不耐

        ●感染性

        • 細菌異常増殖

          • ループ形成
          • 抗生物質医原性

           

        • ヒストプラズマ症
        • ジアルジア

        ●構造的

        • 腸閉塞
        • リンパ管拡張症

      ○膵外分泌疾患

      • 再発性膵炎に続発
      • 若年性腺房萎縮(G.シェパ-ド)
      • 特発性

      ○その他

      • 肝胆道系疾患
      • 甲状腺機能亢進症(猫)

    ◎急性大腸性下痢

    • 鞭虫
    • 痙攣性大腸炎
    • 細菌性大腸炎

    ◎慢性大腸性下痢

    • 鞭虫
    • 好酸球性大腸炎
    • 潰瘍性大腸炎
    • ヒストプラズマ症
    • プロトセカ症
    • ポリープ
    • 腫瘍
    • 腸重積、盲腸反転
    • アレルギー性大腸炎
    • 異物
    • 痙攣性大腸炎

    ◎便秘

    • 1.食事性

      • a.異物
      • b.線錐不足

      2.環境

      • a.運動不足
      • b.排便時間や場所の問題

      3.大腸の閉塞

      • a.内腔から

        • 1)異物
        • 2)腫瘍
        • 3)会陰ヘルニア

        b.外側から

        • 1)骨盤骨折
        • 2)前立腺腫大
        • 3〉骨盤腔内腫瘤/腫瘍

      4.神経学的疾患

      • a.L4-S3疾患
      • b.両側性骨盤神経揖傷
      • c.巨大桔腸

      5.直腸周囲の問題

      • a.肛門のう炎
      • b.膿瘍
      • c.瘻管
      • d.肛門狭窄
      • e.直腸異物

      6.代謝/内分泌疾患

      • a.甲状腺機能低下症
      • b.上皮小体機能亢進症
      • c. 発熱
      • d. 消耗性疾患

      7.薬物性

      • a. 抗コリン作動薬
      • b. 抗ヒスタミン薬
      • c. 抗痙攣薬
      • d. バリウムによるもの

    ◎慢性嘔吐

    • 1)消化器系,腹部臓器

      • a.反射性

        • 胃炎
        • 胃癌
        • 十二指腸潰瘍
        • 腸炎
        • 肝炎
        • 膵炎
        • 腎炎
        • 腹膜炎
        • 咽頭炎,扁桃炎
        • 子宮筋層炎

        b.閉塞性

        • 胃幽門部閉塞,異物
        • 小腸閉塞
        • 十二指腸潰瘍
        • 上部または下部
        • 腔内,外側

      2)全身性疾患

      • a.急性感染
      • b.うっ血性心不全
      • c.胃以外の悪性腫瘍
      • d.体液電解質異常

      3)内分泌疾患

      • a. 副腎皮質機能低下症(アジソン病)
      • b.糖尿病
      • c.胃以外の悪性腫瘍
      • c.妊娠,子宮蓄膿症

      4)神経疾患

      • a.腫瘍
      • b.感染,炎症
      • c.水頭症
      • d.前庭疾患

      5)薬物・中毒物質

      • a. アポモルフィネ,モルフィネ
      • b.硫酸銅

        6)心理性,痛み,創傷

      • c.ジギタリス
    • 6)心理性,痛み,創傷

    ◎腹痛の部位特定

    • 腹痛と間違えやすい痛みを最初に除外

      • 胸膜炎
      • 劇症の肺炎
      • 脊髄と周囲の痛み
      • 多発性関節炎
      • 筋炎
      • 血管炎

      腹痛の部位

      • 頭背側

        • 副腎
        • 腎臓
        • 肝臓
        • リンパ節
        • 卵巣
        • 脾臓
        • 滞留睾丸

        頭腹側

        • 胆嚢
        • 肝臓
        • 膵臓
        • 脾臓

        腹部中央

        • 腎臓
        • リンパ節
        • 卵巣(猫)
        • 脾臓
        • 滞留睾丸
        • 子宮

        尾側

        • 大腸
        • リンパ節
        • 前立腺
        • 滞留睾丸
        • 膀胱
        • 子宮

    ◎腹痛

    • 膵臓

      • 急性膵炎
      • 腫瘍

      • 胃拡張
      • 胃捻転
      • 胃炎
      • 胃潰瘍
      • 異物
      • 毒素
      • 腫瘍

      小腸

      • 感染
      • 異物
      • 寄生虫
      • 重積
      • 腫瘍
      • 毒素
      • 捻転

      大腸

      • 炎症
      • 寄生虫
      • 閉塞
      • 腫瘍
      • 異物

      肝臓

      • 特発性
      • 感染
      • うっ血
      • 腫瘍
      • 創傷

      脾臓

      • 腫瘍
      • 感染
      • 捻転

      腎臓・尿管

      • 感染
      • 急性腎不全
      • 毒素
      • 閉塞
      • 血管性
      • 創傷性

      膀胱

      • 感染
      • 結石
      • 腫瘍
      • 炎症

      卵巣・子宮

      • 子宮蓄膿症
      • 子宮内膜炎
      • 肉芽腫
      • 腫瘍

      睾丸

      • 腫瘍
      • 稔転
      • 膿瘍
      • 肉芽腫

      前立腺

      • 感染
      • 膿瘍
      • 嚢胞
      • 腫瘍
    • まれな原因

神経系

  • ◎発作

    • 変性性疾患

      • 貯蔵病

      代謝性疾患

      • 低血糖
      • 低カルシウム血症
      • 腎不全
      • 肝不全

      腫瘍性疾患

      • 脳腫瘍

      栄養障害

      • チアミン欠乏

      寄生虫感染

      特発性

      炎症性疾患

      • ウイルス脳炎

        • ジステンパー
        • 狂犬病
        • 猫伝染性腹膜炎

        細菌

        真菌

        原虫

        トキソプラズマ

      中毒

      • 有機リン
      • 有機塩素
      • ストリキニーネ
      • テタヌス毒素

      創傷

      • 頭部外傷
      • 外傷後(手術後数退から数カ月)

      血管性

      • 梗塞
      • 不整脈

      昏睡

      • 頭蓋内圧の上昇

        • 脳炎
        • 脳隨縁
        • 腫瘍
        • 肉芽腫
        • 膿瘍
        • 血管障害
        • 外傷
        • 潜在的な代謝障害(高血圧など)

        脳浮腫

        • 血管原性(血液脳関門を破壊する脳腫瘤)
        • 細胞障害性(低酸素症、神経低糖症)
        • 間質性(水頭症)

        脳組織のヘルニア形成

        • 尾側テント切痕ヘルニア(中脳、橋の圧迫)
        • 大孔ヘルニア

    ◎発作
    (脳内の酸素あるいは糖濃度低下に起因する急性の意識喪失)

    • 大脳循環の低下

      • 血栓
      • 動脈硬化
      • 腫瘍
      • 創傷

      心拍出量低下

      • 不整脈
      • 先天性・後天性心疾患

      血圧低下

      • 出血
      • 血管抵抗の変化

      代謝性

      • 酸素不足

        • 肺機能不全
        • 貧血
        • ヘモグロビン異常

        血糖値低下

        • インスリン過剰
        • インスリン分泌腫瘍
        • グリコーゲン貯蔵病
        • トイ種,子犬の低血糖

泌尿器

  • ◎排尿困難(頻尿の原因もこれに準じる)

    • 〇感染

      • ●細菌性膀胱炎
      • ●尿道炎
      • ●細菌性前立腺炎
      • ●前立腺膿瘍
      • ●膣炎

      〇結石

      • ●膀胱内
      • ●尿道

      〇腫瘍

      • ●膀胱

        • 移行上皮癌
        • 横紋筋腫または肉腫

        ●前立腺

        • 前立腺癌
        • 移行上皮癌
        • 扁平上皮癌

        ●尿道

        • 移行上皮癌
        • 可移植性性器肉腫

        ●膣・ペニス

        • 可移植性性器肉腫
        • 線維腫
        • 肉腫

      〇創傷

      • ●膀胱破裂
      • ●尿道狭窄

      〇炎症

      • ●前立腺過形成
      • ●FUS(猫泌尿器症候群)

      〇神経性

    ◎赤色尿

    • 〇尿路系における出血

      • ●感染
      • ●腫瘍
      • ●創傷

      〇急性溶血性疾患

      〇ミオグロビン尿

    ◎失禁

    • 〇神経性

      • ●大脳病変
      • ●脳幹病変
      • ●脊髄病変

      〇非神経性

      • ●膀胱膨満あり

        • 尿道閉塞
        • 膀胱頚の腫癌
        • 利尿筋尿道不協調

        ●膀胱膨満なし

        • 尿道機能不全
        • 異所性尿管
        • 膀胱頚の腫瘤
        • 尿膜管開存症
        • 膀胱容積の減少

    ◎無尿

    • 〇無尿性腎不全

      • ●急性腎不全

        • 腎前性
        • 腎性
        • 腎後性

        ●慢性腎不全の末期

      〇膀胱破裂

      〇尿路閉塞

皮膚

  • ◎皮疹

    • ① 原発疹

      • ●斑
      • ●丘疹
      • ●結節
      • ●腫瘍
      • ●膿疱
      • ●膨疹
      • ●小水抱(病変なしでそう痒のみあるもの)

      ② 続発疹

      • ●鱗屑
      • ●痂皮
      • ●瘢痕
      • ●潰瘍
      • ●表皮剥離
      • ●苔癬化
      • ●色素増強
      • ●角質増強
      • ●亀裂
      • ●面皰

    ◎皮疹(掻痒症)

    • 丘疹性
    • 膿疱性
    • 斑性
    • そう痒性プラーク
    • そう痒性結節
    • 紅皮症
    • 原発疹なし
    • ① 丘疹性皮膚炎

      • ●感染性

        • 毛包炎

          • 細菌
          • 皮膚糸状菌
          • ニキビダニ(毛包内感染、表皮感染)

        ●寄生虫性

        • 疥癬
        • ツメダニ
        • シラミ
        • ノミ
        • 耳ダニ
        • 昆虫

        ●マラセチア皮膚炎

        ●血管炎性

        • RMSF(ロッキー山紅斑熱)
        • エリヒア症

        ●アレルギー性

        • ノミアレルギー
        • 食物アレルギー
        • 接触性皮膚炎
        • アトピー(丘疹はまれ)
        • じんま疹
        • 薬疹

        ●自己免疫性

        • 落葉状天疱瘡
        • 全身性エリテマトーデス

        ●特発性

      ② 膿疱性発疹

      • ●膿痂疹(子犬,クッシング症候群)

        • ニキビダニ
        • 皮膚糸状菌
        • ブドウ球菌毛包炎
        • 薬疹
        • 落葉状天疱瘡
        • 角質下膿疱症
        • 好酸球性膿疱症
        • 急性接触性皮膚炎

      ③ 紅斑性皮膚炎

      • ●斑状出血

        • 血小板減少症
        • 血小板凝集不全

        ●血管炎

        • 免疫介在性
        • 感染性
        • その他

        ●薬疹

        ●SLE(全身性エリテマトーデス)

        ●ブドウ球薗過敏症

      ④ そう痒性プラーク

      • ●感染性

        • 急性湿性皮膚炎
        • 脂漏性皮膚炎
        • 皮膚糸状菌症
        • 細菌過敏症

        ●免疫介在性および特発性

        • アトピー(皮疹はまれ)
        • 好酸球性肉芽腫症候群(猫)
        • SLE(全身性エリテマトーデス),DLE(慢性円盤状エリテマトーデス)
        • 薬疹
        • 特発性類苔癬
        • 組織球症
        • 脂腺炎

      ⑤ そう痺性結節

      • ●単発性

        • 肢端舐性皮膚炎
        • 好酸球性肉芽腫症候群(猫)
        • 悪性好酸球増加症候群(犬)
        • 圧迫部膿皮症
        • 肉芽腫性疾患
        • 肥満細胞腫
        • 皮膚型リンパ腫

        ●多発性

        • 好酸球性肉芽腫群
        • 深部膿皮症
        • 肉芽腫性疾患
        • 肥満細胞腫
        • 皮膚型リンパ腫

      ⑥ 紅皮症

      • ニキビダニ
      • 皮膚糸状薗症
      • アトピー
      • 食物アレルギー
      • 脂漏性皮膚炎
      • マラセチア性皮膚炎
      • 接触過敏症
      • 薬疹
      • SLE(全身性エリテマトーデス)
      • 日光皮膚炎

      ⑦ 皮疹を伴わないそう痺のみ

      • アトピ一
      • 心因性
      • 神経性
      • 代謝性

    ◎猫のそう痺症

    • 〇粟粒性皮膚炎

      • ノミアレルギー(最も多い)
      • 蚊アレルギー
      • 感染症
      • 自己免疫疾患
      • 栄養性疾患

      〇好酸球性肉芽腫症候群

      • 好酸球性プラーク
      • 好酸球性潰瘍
      • 線状肉芽腫

      〇対称性脱毛症

      • アレルギー
      • 感染症
      • 代謝性疾患
      • 心因性

      〇顔そう痺症

      • 食物アレルギー
      • 耳疥癬
      • 自己免疫疾患
      • 腫瘍

    ◎脱毛全般

    • ●毛包の炎症

      • 感染症
      • ニキビダニ
      • 皮膚糸状菌

      ●毛周期の変化

      • 休止期脱毛
      • 内分泌疾患

      ●その他

      • 先天的異常
      • 自己免疫疾患

      ●顔そう痺症

      • 食物アレルギー
      • 耳疥癬
      • 自己免疫疾患
      • 腫瘍

      ○左右対称性脱毛

      • ●ポメラニアンの脱毛症

        • 成長ホルモン反応性
        • 去勢反応性
        • 偽クッシング

        ●ポメラニアンの脱毛症

        ●クッシング症候群

        ●甲状腺機能低下症

        ●猫の対称性脱毛症

      ○後躯体幹脱毛症

      • ●ノミアレルギー皮膚炎

        ●猫の対称性脱毛症

        ●雌性化症候群

        • セルトリ細胞腫

        ●エストロジェン欠乏症

        ●ポメラニアンの脱毛症

      ○顔面の脱毛症

      • ●ニキビダニ
      • ●皮膚糸状薗症
      • ●アクネ
      • ●猫の食物アレルギー
      • ●SLE(全身性エリテマトーデス)
      • ●DLE(慢性円盤状エリテマトーデス)
      • ●紅斑性天疱瘡
      • ●落葉状天疱瘡
      • ●日光皮膚炎
      • ●アトピー
      • ●単純型表皮水疱症
      • ●皮膚筋炎
      • ●若年性膿皮症
      • ●口唇皺壁皮膚炎
      • ●角質下膿疱症
      • ●ノトエドレス疥癬
      • ●薬疹

      ○耳介脱毛症

      • ●ニキビダニ
      • ●皮膚糸状菌症
      • ●疥癬
      • ●落葉状天疱瘡
      • ●紅斑性天疱瘡
      • ●脂漏症
      • ●ミニチュアプードルの耳介脱毛症
      • ●角質下膿疱症
      • ●日光皮膚炎(猫)
      • ●寒冷凝集素病
      • ●蚊刺アレルギー
      • ●細菌性外耳炎
      • ●耳ダニ
      • ●アトピー

      ○肢端脱毛症

      • ●アトピー
      • ●接触皮膚炎
      • ●DLE(慢性円盤状エリテマトーデス)
      • ●ニキビダニ
      • ●天疱瘡
      • ●類天痘瘡
      • ●趾間膿皮症
      • ●タリウム中毒

症状・状態

  • ◎流涎(よだれ)

    • ●流涎症
    • ●吐き気
    • ●肝性脳症(特に猫)
    • ●発作
    • ●化学的刺激または毒性による流涎(有機リン酸類、腐食薬、苦い薬)
    • ●習性
    • ●高体温
    • ●唾液腺の分泌過剰

    〇偽流涎症

    • 口の痛み(特に口内炎、舌炎、歯肉炎、咽頭炎、扁桃炎や唾液腺炎によるもの)
    • 口腔性または咽頭性嚥下困難
    • 顔面神経麻痺

    ◎口臭

    • 〇食事関連

      • 糞食
      • 異食
      • 感染症
      • 高蛋白食

      〇口腔内疾患

      • 歯石
      • 歯周炎
      • 口内炎
      • 異物
      • 口腔内腫瘍
      • 舌壊死

      〇咽頭部疾患

      • 異物
      • 炎症
      • 壊死

      〇食道疾患

      • 食道拡張に伴う食物停滞

      〇その他

      • 尿毒症

    ◎嚥下困難

    • 口内炎
    • 舌炎
    • 歯肉炎(歯周病)
    • 歯根膿瘍
    • 口腔・舌の腫瘍
    • 口蓋裂
    • 咽頭炎・扁桃炎
    • 咽頭部・咽頭後部の腫瘍
    • 咽頭後リンパ節の腫脹
    • 異物
    • 神経疾患
    • 重症筋無力症
    • 咀嚼筋の異常
    • 外傷および下顎骨の骨折
    • 眼球後腫瘍
    • 唾液腺の異常

    ◎一時的な虚脱

    • 〇代謝性疾患

      • 低血糖:アジソン病、膵島細胞腫
      • 高カリウム血症:アジソン病
      • 低カルシウム血症:上皮小体機能低下症
    • 〇心血管系の疾患

      • 不整脈
      • 神経刺激伝導異常
      • うっ血性心不全
      • 犬糸状虫症
    • 〇神経筋の疾患

      • 重症筋無力症
      • 多発性筋炎

    ◎発作

    • 〇変性性疾患
    • 〇代謝性疾患

      • 低血糖
      • 低カルシウム血症
      • 腎不全
      • 肝不全
    • 〇腫瘍性疾患
    • 〇栄養性疾患

      • チアミン欠乏
      • 寄生虫感染
    • 〇特発性

      • てんかん
    • 〇炎症性疾患

      • ウイルス脳炎:ジステンパー 狂犬病 FCoV
      • 細菌
      • 真菌
      • 原虫
    • 〇中毒

      • 有機リン
      • 有機塩素
      • ストリキニーネ
      • テタヌス毒素
    • 〇創傷

      • 頭部外傷
      • 外傷後
    • 〇血管性

      • 梗塞
      • 不整脈

    ◎震え・振戦

    • 〇生理的振戦

      • 寒冷刺激
      • 低体温
      • 発熱
      • 恐怖
      • 筋疲労
      • 老齢など

      〇神経疾患

      • 大脳基底核病変
      • 小脳疾患など

      〇筋肉と神経筋結合部の疾患

      • 重症筋無力症
      • 炎症性筋炎
      • 変性性筋炎
      • 筋ジストロフィーなど

      〇代謝性疾患

      • 低血糖
      • 低カルシウム血症
      • 高カリウム血症
      • 低カリウム血症 など

    ◎不適切な排泄(犬)

    • 〇身体原因

      • 〇身体原因

        • ●粗相:排便

          • ① 排便量の増加(消化不良、吸収不良、高繊維食)
          • ② 排便頻度の増加(大腸炎、下痢)
          • ③ 神経学的機能障害(末梢神経疾患、脊髄疾患、脳腫瘍、脳炎、感染、変性性脳障害)
          • ④ 関節痛
          • ⑤ 感覚の減弱
        • ●粗相:排尿

          • ① 多尿をひき起こす疾患(例:腎疾患、副腎皮質機能亢進症、糖尿病、子宮蓄膿症)
          • ② 尿頻度の増加(尿路感染、尿石症、膀胱腫瘍、前立腺炎、腹腔内腫瘤)
          • ③ 膀胱支配障害(末梢神経疾患、脊髄疾患、脳腫瘍、脳炎、感染、変性性脳障害)
          • ④ 尿道機能不全
          • ⑤ 剖学的問題

      〇行動学的原因

      • ① 訓練が不十分
      • ② 服従を示す排尿
      • ③ 興奮による排尿
      • ④ 認知障害
      • ⑤ マーキング
      • ⑥ 分離不安
      • ⑦ 飼育管理に関連した問題
      • ⑧ 場所や排泄素材の好み

    ◎不適切な排尿行動(猫:病的要因)

    • 〇排尿困難

      • ●下部尿路疾患

        • ① 尿石症
        • ② 細菌性膀胱炎
        • ③ 下部尿路系腫瘍

      〇多飲・多尿(頻尿)

      • ●下部尿路疾患

        • ① 慢性腎不全
        • ② 糖尿病
        • ③ 肝不全
        • ④ 甲状腺機能亢進症
        • ⑤ その他

    ◎不適切な排尿行動(猫:行動学的要因)

    • 〇マーキング行動(尿スプレー)

      • ① ストレス
      • ② 他の猫の存在
      • ③ 繁殖期
      • ③ 環境の変化(引っ越し、新しい人間)
      • ③ 縄張り主張

      〇多飲・多尿(頻尿)

      • ●下部尿路疾患

        • ① 慢性腎不全
        • ② 糖尿病
        • ③ 肝不全
        • ④ 甲状腺機能亢進症
        • ⑤ その他

      〇トイレが嫌い

      • ●下部尿路疾患

        • ① 砂が気に入らない
        • ② 他の動物、猫にいじめられる
        • ③ トイレの汚れ
        • ④ 落ち着かない環境
        • ⑤ 新しい場所が気に入った

    ◎原因不明の発熱(猫)

    • 〇全身感染症

      • FeLV(猫白血球ウイルス感染症)
      • FIV(猫免疫不全ウイルス感染症)
      • FcoV(FIP:猫コロナウイルス感染症)
      • トキソプラズマ

      〇自己免疫疾患

      • SLE(全身性エリテマトーデス)
      • 多発性関節炎(FeLV/FeSFV感染の雄猫)

    ◎原因不明の発熱(犬)

    • 〇全身感染症

      • 細菌性心内膜炎
      • 全身性真菌感染
      • エリヒア症
      • ロッキー山紅斑熱(RMSF)
      • ライム病
      • トキソプラズマ症

      〇局所性感染症

      • 膿胸
      • 慢性肝疾患
      • 慢性腎盂腎炎
      • 慢性前立腺炎

      〇自己免疫疾患

      • SLE(全身性エリテマトーデス)
      • リウマチ様関節炎など

      〇腫瘍性疾患

      • リンパ腫
      • 白血病など

      〇薬物性

    ◎斜頸

    • 〇末梢性(前庭疾患)

      • 中耳炎・内耳炎
      • 特発性前庭疾患
      • 老齢性前庭疾患
      • 鼻咽頭ポリープ(猫)
      • 中耳腫瘍(耳道腺癌 扁平上皮癌
      • 外傷
      • 甲状腺機能低下症
      • その他

      〇中枢性(前庭疾患)

      • 外傷、出血
      • 感染性炎症性疾患(細菌性 真菌性 原虫性 その他)
      • 肉芽腫性髄膜脳炎
      • 腫瘍
      • 栄養性(チアミン欠乏)
      • 中毒性
      • 変性性疾患
      • 水頭症 など

    ◎眼振

    • 〇末梢性前庭疾患 水平眼振。急速相は正常方向に向く。頭位を変えても変化がない。

      • 中耳炎、内耳炎
      • 特発性前庭疾患(猫)
      • 老齢性前庭疾患(犬)
      • 腫瘍
      • 肉芽腫
      • 外傷
      • 耳毒性薬物
      • ニューロパシー(甲状腺機能低下症、第Ⅷ脳神経疾患)

      〇中枢性前庭疾患 水平、垂直あるいは回転性眼振。頭位を変えると方向が変わることもある。

      • 外傷、出血
      • 感染性炎症性疾患
      • 肉芽腫性髄膜脳炎
      • 腫瘍
      • 血管梗塞
      • チアミン欠乏
      • ウイルス性(犬ジステンパーウイルス、猫伝染性腹膜炎ウイルス)
      • 中毒(鉛など)
      • 変性性疾患(蓄積病[ライソゾーム病]、神経細胞障害、脱髄性疾患)
      • 水頭症 など

    ◎吐血

    • 〇消化管病変

      • 胃炎

        • ① 性胃炎
        • ② 出血性胃炎
        • ③ 慢性胃炎
        • ④ ヘリコバクター関連性疾患

      〇胃腸管潰瘍・びらん

      • 医原性
      • 感染性炎症性疾患
      • 肉芽腫性髄膜脳炎
      • 腫瘍
      • 血管梗塞
      • チアミン欠乏
      • ウイルス性(犬ジステンパーウイルス、猫伝染性腹膜炎ウイルス)
      • 中毒(鉛など)
      • 変性性疾患(蓄積病[ライソゾーム病]、神経細胞障害、脱髄性疾患)
      • 水頭症 など
    • ① 非ステロイド剤
    • ② ステロイド剤

      • 〇浸潤性疾患

        • 腫瘍
        • 炎症性腸疾患
        • 異物
        • ストレス性潰瘍
        • ① 環血液量減少性ショック
        • ② 敗血症性ショック
        • ③ 胃拡張・捻転
        • ④ 神経原性ショック

          • 胃酸過多
        • ① 肥満細胞腫
        • ② ガストリノーマ(稀)

          • その他の原因
        • ① 肝疾患
        • ② 腎疾患
        • ③ 副腎皮質機能低下症
        • ④ 炎症性疾患
      • 〇食道疾患(稀)

        • 腫瘍
        • 重度の食道炎
        • 外傷
      • 〇口腔内病変の出血
      • 〇胆嚢疾患(稀)
      • 〇凝固障害

        • 血小板減少症、血小板機能不全
        • 凝固因子欠損
        • 播種性血管内凝固症候群(DIC)
      • 〇消化管外病変

        • 呼吸器病変
        • 胚葉捻転
        • 肺腫瘍
        • 後鼻孔病変

    ◎多飲・多尿

    • 腎不全(慢性、初期の急性)
    • 腎盂腎炎
    • 糖尿病
    • 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
    • 子宮蓄膿症
    • 高カルシウム血症
    • 肝不全
    • 甲状腺機能亢進症
    • 尿崩症
    • 副腎皮質機能低下症(アジソン病)
    • 下部尿路疾患(感染、尿石症など)
    • 低カリウム血症
    • 医原性(ステロイド剤、利尿薬、抗痙攣薬)
    • 偽心因性多乾

    ◎低張尿(尿が薄い)

    • 子宮蓄膿症
    • 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
    • 尿崩症
    • 腎盂腎炎
    • 高カルシウム血症
    • 腎不全(初期)
    • 原発性肝疾患
    • 低カリウム血症
    • 副腎皮質機能低下症(アジソン病)
    • 原発性多飲(強制的な飲水)

    ◎血便

    • 〇肛門疾患

      • 肛門周囲ろう孔
      • 肛門嚢炎または膿瘍
      • 狭窄
      • 腫瘍
      • 外傷
      • 肛門周囲ヘルニア
      • 異物

      〇直腸と結腸

      • 直腸炎(直腸粘膜の炎症)
      • 大腸炎
      • 特発性
      • 炎症性腸疾患
      • ストレス
      • 感染性(カンピロバクター、クロストリジウム)
      • パルボウイルス属
      • 寄生虫性(回虫、鈎虫、鞭虫、コクシジウム)
      • 腫瘍(直腸ポリープ、腺癌、リンパ腫
      • 直腸脱
      • 粘膜外傷(経口異物:毛玉など)、自動車による外傷
      • 回腸盲腸の疝痛領域:重積

    ◎下痢

    • 〇大腸性

      • 寄生虫性
      • 細菌性
      • 好酸球性大腸炎
      • 潰瘍性大腸炎
      • ヒストプラズマ症
      • プロトセカ症
      • ポリープ
      • 腫瘍
      • 腸重積
      • アレルギー性大腸炎
      • 異物
      • 痙攣性大腸炎

      〇小腸性

      • 食事性
      • 寄生虫性
      • 原虫
      • 医原性
      • 細菌性
      • ウイルス性
      • 毒素
      • 出血性胃腸炎
      • 急性膵炎
      • 炎症性

        • ① 酸球性腸炎
        • ② リンパ球性プラズマ細胞性腸炎
        • ③ 肉芽腫性腸炎
      • 腫瘍性

        • ① リンパ腫
        • ② 小腸癌
      • 食事性グルテン腸症
      • ラクトース不耐性
      • 感染性
      • 構造的
      • 膵外分泌疾患
      • その他(肝胆道系疾患、甲状腺機能亢進症(猫)

    ◎体重減少

    • 〇食事摂取不足

      • 食餌の問題(量が不十分、消化性が悪い、など)
      • 口腔内疾患:採食困難
      • 嘔吐
      • 吐出
      • 食欲不振

      〇同化不良

      • 消化不良

        • ① 外分泌不全
        • ② 胆汁酸塩欠
      • 吸収不良

        • ① リンパ腫
        • ② リンパ管拡張症
        • ③ 細胞浸潤:炎症性腸疾患
        • ④ リンパ腫
        • ⑤ ヒストプラズマ症
        • ⑥ 下痢

      〇カロリー消費亢進

      • 代謝率増大

        • ① 状腺機能亢進症
        • ② 発熱
        • ② 感染
        • ② 悪性腫瘍
        • ② 心不全
        • ② 創傷

        カロリー栄養素損失

        • ① 尿病
        • ② 腎性蛋白喪失
        • ③ 火傷
        • ④ 激しい膿皮症
        • ⑤ 蛋白喪失性腸症
        • ⑥ 消化管内寄生虫
        • ⑦ 慢性出血

        生理的

        • ① 妊娠
        • ② 泌乳
        • ③ 過剰な運動
        • ④ 低温下での熱産生亢進

    ◎痙攣発作:年齢区分ごとにおける原因

    発作の初発時の年齢に関連して一般的に発生する発作性疾患

    • 〇初発が、8ヵ月齢以前の発作性疾患

      • 稀な疾患

        • ① 特発性てんかん
      • 主要な疾患

        • ① 育異常(例:奇形、脳水腫など)
        • ② 脳炎または髄膜炎
        • ③ 外傷
        • ④ 頭蓋外の原因
        • ⑤ 肝性脳症(例:門脈シャント)
        • ⑥ 低血糖
        • ⑥ 中毒
        • ⑥ 消化管寄生虫感染症

      〇初発が8ヵ月齢から4歳の疾患

      • 主要な疾患

        • ①発性てんかん
      • 稀な疾患

        • ① 発育異常(例:奇形、脳水腫)
        • ② 外傷
        • ③ 脳炎または髄膜炎
        • ④ 後天性脳水腫
        • ⑤ 腫瘍
        • ⑥ 頭蓋外の原因
        • ⑦ 肝性脳症(例:門脈シャント、肝疾患)
        • ⑧ 低カルシウム血症
        • ⑨ 電解質異常
        • ⑩ 甲状腺機能低下症
        • ⑪ 中毒

      〇初発が4歳以上の疾患

      • 稀な疾患

        • ① 特発性てんかん
        • ② 外傷
        • ③ 脳炎または髄膜炎
        • ④ 後天性脳水腫
        • ⑤ 頭蓋外の原因
        • ⑥ 肝性脳症(例:門脈シャント、肝疾患)
        • ⑦ 低カルシウム血症
        • ⑧ 電解質異常
        • ⑨ 甲状腺機能低下症

        次第に増加する疾患

        • ① 腫瘍
        • ② 変性性疾患
        • ③ 血管障害
        • ④ 頭蓋外の原因:低酸素、低血糖

    ◎腹部膨満

    • 〇妊娠
    • 〇胃腸の拡張
    • 〇内部臓器の腫大(肝臓、脾臓、腎臓、子宮)
    • 〇副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)による腹筋の緊張低下
    • 〇脂肪蓄積
    • 〇腹水
    • 〇腹腔内腫瘤

    ◎浮腫(むくみ)

    • 〇毛細血管の障害

      • 炎症
      • 血管炎
      • 創傷
      • 火傷

      〇粘液水腫

      〇低アルブミン

      〇リンパ管の障害

      • 外傷
      • 腫瘍
      • リンパ管炎
      • 先天性

      〇高血圧

      • 静脈性

        • ① 閉塞
        • ② 右心不全
        • ② 輸液過剰
        • ② 血管シャント

        動脈性

        • ① 甲状腺機能亢進症
        • ② 下垂体ホルモン分泌異常
        • ③ 急性腎不全

    ◎腹水

    • 〇漏出液

      • 低アルブミン
      • 血管障害

        • ① 免疫介在性
        • ② 感染
        • ③ 炎症性
      • 門脈高血圧

      〇変性漏出液

      • 心臓原性

        • ① 右心不全
        • ② 心臓腫瘍
        • ③ 心筋症(犬)
      • 肝静脈または胸部大静脈の閉塞
      • 肝疾患
      • 腹腔内腫瘍

      〇滲出液

      • 炎症性
      • 細菌性

        • ① 腸の穿孔
        • ② 膿瘍破綻

        ウイルス性

        • ① 猫伝染性腹膜炎

        化学性

        • ① 胆汁性腹膜炎
        • ② 尿の漏出
        • ③ 膵炎
        • ④ 乳びによる炎症

        循環障害

        • ① 血栓
        • ② 腸重積
        • ③ ヘルニア
      • 創傷
      • 術後

    ◎胸水

    • 〇膿胸
    • 〇乳び胸
    • 〇猫伝染性腹膜炎
    • 〇前縦隔リンパ腫
    • 〇肺炎
    • 〇心疾患
    • 〇その他の腫瘍
    • 〇低アルブミン血症
    • 〇横隔膜ヘルニア

    ◎発育不全

    • 〇内分泌疾患

      • 成長ホルモン欠乏

        • ① 下垂体性小人症:ジャーマンシェパード
      • 先天性甲状腺機能低下症
      • 糖尿病

        • ① ロットワイラー
        • ② ゴールデンレトリバー
        • ③ キースホンド

      〇遺伝性骨疾患

      • 軟骨形成不全

        • ① アラスカンマラミュート
      • ムコ多糖症

        • ① シャム猫
      • 軟骨異栄養症

        • ① バセットハウンド
        • ② コリー
        • ③ ミニチュアプードル
        • ④ スコッチテリア

      〇栄養欠乏

      • 主要栄養素欠乏

        • ① 蛋白
        • ② 脂肪
        • ③ 炭水化物
        • ④ ミネラル
        • ⑤ 亜鉛
        • ⑥ カルシウム
        • ⑦ ビタミンA
        • ⑧ ビタミンD
        • ⑨ 酸素
      • 先天性心疾患
      • 慢性肺疾患

      〇細胞代謝の先天的障害

      • ライソゾーム貯蔵病
      • グリコーゲン貯蔵病

      〇慢性疾患

      • 免疫不全症
      • 消化管内寄生虫感染

      〇主要臓器の障害

      • 先天性心疾患
      • 肝不全

        • ① 門脈体循環シャント
      • 腎不全

        • ① 天性腎形成不全:シーズー、ラサアプソ、ノルウェジャンエルクハウンド
        • ② 多発性膿疱腎
        • ③ ファンコーニ症候群

        消化器疾患

        • ① 巨大食道
        • ② 膵外分泌不全

CBC

  • ◎大球性低色素性貧血(再生性:網赤血球産生指標RPIが2以下)

    • 〇出血所見→→→失血性貧血(TPの低下を伴うことが多い)

      • ●(出血から4日以上経過しないと再生性にならないことに注意)
    • 〇出血が除外されたら残るのは溶血

      • ●ヘモバルトネラ(猫),バベシア(犬)
      • ●ハインツ小体(タマネギ,メチレンブルー,アセトアミノフェンなど)
      • ●IHA(犬で通常は球状赤血球>50%)
      • ●VCS(犬,フィラリア感染)
      • ●レプトスピラ症(犬,L. icterohaemorrhagiae 感染)
      • ●中毒(銅,鉛,植物など非常にまれ,ハインツ小体性以外の中毒は反応性貧血とは限らない)
  • ◎正球性正色素性貧血(非再生性:網赤血球産生指標RPIが2以上)

    • 〇慢性炎症あり貧血は当初高度ではない場合→慢性疾患による貧血
    • 〇腎疾患あり→腎疾患による貧血
    • 〇これら以外での貧血は高度かつ進行を疑う→骨髄生検

      • ●腫瘍細胞浸潤

        • ・急性骨髄性白血病
        • ・骨髄異形成症候群
        • ・リンパ性白血病

        ●赤芽球系低形成または赤芽球系分化障害

        • ・薬物,ホルモン,ウイルスなど
  • ◎小球性低(正)色素性貧血(非再生性:網赤血球産生指標RPIが2以下)

    • 〇蚤ダニの濃厚寄生による鉄欠乏
    • 〇慢性 出血(消化管,体内の腫瘍など)による鉄欠乏
  • ◎大球性正色素性貧血(非再生性:網赤血球産生指標RPIが2以下)(猫)

    • 〇骨髄生検で巨赤芽球検出→赤血病または骨髄異形成症候群
    • 〇(B12 葉酸欠乏は動物では発見されていない)
  • ◎PCV(ヘマトクリット値)の上昇

    • 〇TPの上昇を伴う高PCV-脱水
    • 〇犬の出血性胃腸炎-臨床的な脱水所見なし
    • 〇これら以外が赤血球増加症

      • ●真性赤血球増加症
      • ●二次性多血症

        • ・心疾患
        • ・呼吸器疾患
        • ・腎のエリスロポイエチン産生腫瘍
  • ◎好中球増加症

    • ○生理的

      • ●筋肉運動の亢進
      • ●エピネフリンによる血圧上
      • ●ストレス
      • ●グルココルチコイド投与
      • ●クッシング症候群(機構的には生理的)
    • ○病的

      • ●局所性,慢性炎症でとくに増加

        • ・細菌性炎症
        • ・自己免疫疾患
        • ・非細菌性炎症
    • ○腫瘍性

      • ●骨髄の増殖性疾患
      • ●リンパ腫
      • ●肺癌
  • ◎リンパ球増加症

    • ○生理的(特に猫)
    • ○慢性炎症
    • ○リンパ性白血病
    • ○リンパ腫(ステージV)
    • ○FeLV(猫白血病ウイルス)感染
  • ◎好酸球減少症

    • ○グルココルチコイド

      • ●内因性-クッシング症候群,ストレス
      • ●外因性-投薬
  • ◎好中球減少症

    • ○消費の亢進

      • ●過急性細菌感染
      • ●蜂窩織炎
      • ●誤嚥性肺炎
      • ●腹膜炎
      • ●急性ウイルス感染
      • ●エンドトキシン(分布異常)
    • ○生産の減少

      • ●感染性

        • ・汎白血球減少症
        • ・犬パルボウイルス
        • ・Ehrlichia canis
        • ・ネコ白血病ウイルス
    • ○化学薬品等

      • ●真菌毒素
      • ●エストロジェン
      • ●抗生物質

        • 1) クロラムフェニコール
        • 2) ストレプトマイシン
        • 3) ペニシリン
      • ●抗真菌薬

        • 1) グリセオフルビン
      • ●鎮痛薬

        • 1) アスピリン
        • 2) フェナセチン
        • 3) フェニルブタゾン
        • 4) アンチピリン
      • ●抗ヒスタミン薬

        • 1) ピリベンザミン
      • ●抗痙攣薬

        • 1) プリミドン
        • 2) ディランチン
      • ●抗甲状腺薬

        • 1) チオウラシル
      • ●金属

        • 1) 鉛
        • 2) タリウム
        • 3) 水銀
        • 4) 砒素
      • ●遺伝性

        • 1) 周期性造血
        • 2) 骨髄ろう
        • 3) 骨髄の増殖性疾患
  • ◎血小板減少症

    • ○生産の減少

      • ●遺伝性

        • ・薬物中毒
        • ・マイコトキシン中毒
        • ・エストロジェン中毒(セルトリ細胞腫など)
        • ・X線障害
        • ・ウイルス感染
        • ・リケッチア・原虫感染
        • ・ビタミンB12,葉酸欠乏
        • ・尿毒症
        • ・骨髄ろう(白血病)
        • ・骨髄線維症
        • ・再生不良性貧血
        • ・激しい鉄欠乏
    • ○破壊・消費の亢進

      • ●免疫介在性

        • ・自己免疫疾患,他の免疫疾患との複合
        • ・薬物,感染,その他を含む
      • ●非免疫学的破壊

        • アナフィラキシー
        • 播種性血管内凝固(DIC)
        • 微小血管障害
        • 急性感染
        • エンドトキシン
      • 先天性血小板構造障害
    • ○分布の異常

      • ●脾腫
      • ●高体温
      • ●門脈高血圧
    • ○体外への喪失

      • ●大出血
      • ●瀉血
  • ◎血小板増加症

    • ○反応性

      • ●脾摘出
      • ●急性出血
      • ●創傷
      • ●骨折
      • ●慢性感染症
      • ●悪性腫瘍
      • ●鉄欠乏
      • ●ビンクリスチン投与
      • ●糖尿病
    • ○腫瘍性

      • ●巨核芽球性白血病

鑑別生化

  • ◎低アルブミン(alb)血症

    • ○産生の低下

      • ●肝不全
      • ●吸収不良
      • ●消化不良
      • ●飢餓
      • ●高γグロブリン血症
    • ○喪失

      • ●出血
      • ●蛋白喪失性腸症
      • ●広範な皮膚の浸出性病変
      • ●腎性喪失(糸球体腎炎,アミロイド症)
      • ●敗血症(異化亢進)
    • ○隔離

      • ●腹水・胸水の貯留
      • ●血管炎
    • ○希釈

      • ●過剰輸液
  • ◎TP(総蛋白),Alb(アルブミン),Glb(グロブリン)の値からの鑑別診断

    • ○TP上昇

      • ●Alb増加+Glb正常または増加

        • ・脱水
        • ・高脂血症

        ●Alb正常または減少

        • ・Glb増加

          • ポリクローナルガンモパチー

            • 抗原刺激,感染

            モノクローナルガンモパチー

            • 多発性骨髄腫
            • リンパ腫腫
            • エールリキア症
    • ○TP正常

      • ●Glb減少

        • 初乳摂取不足
        • 免疫不全

      ○Alb減少

      • ●Glb増加

        • ポリクローナルガンモパチー

          • 抗原刺激,感染
        • モノクローナルガンモパチー

          • 多発性骨髄腫
          • リンパ腫

      ○TP低下

      • ●Alb正常

        • Glb減少

          • 免疫不全
          • 初乳摂取不足
          • 幼若動物(4カ月齢以下)

        ●Alb減少

        • Glb正常(A/G比低下)

          • 腎からの喪失
          • 蛋白喪失性腸症
          • 産生の減少

            • 肝不全
            • 飢餓

          Glb減少(A/G比正常)

          • 出血
          • 過剰輸液
          • 蛋白喪失性腸症

    ◎BUN増加

    • ○腎機能(GFR)低下

      • 腎前性 →血流の低下
      • 腎性 →腎組織障害
      • 腎後性 →尿路閉塞,破裂

      ○腎以外の原因

      • 食後
      • 高蛋白食
      • 消化管内出血
      • 組織異化亢進(飢餓,発熱,ステロイド,筋肉損傷,テトラサイクリン)

    ◎BUN減少

    • ○生産の減少

      • 肝不全

        • PSS(門脈体循環シャント),肝硬変
      • 蛋白制限食

      ○排泄の増加

      • 多飲多尿(副腎皮質機能亢進症,糖尿病など)
      • 水過剰
      • 妊娠末期

    ◎BUN増加,Cre変化なし

    • ○腎前性窒素血症初期
    • ○BUNの誤りの高値(生産の増加)

      • 食後
      • 高蛋白食
      • 消化管内出血
      • 組織異化亢進

        • 飢餓状態,発熱,ステロイド,筋肉損傷,テトラサイクリン
      • 蛋白制限食

      ○排泄の増加

    • ○Creの誤りの低値 →筋の減少(悪液質)

    ◎Cre増加,BUN変化なし

    • ○腎疾患
    • ○BUNの誤りの低値

      • 肝不全,PU/PD,低蛋白食
    • ○Creの誤りの高値

    ◎Cre上昇

    • ○GFR(糸球体ろ過量)の減少

      • 腎前性,腎性,腎後性
    • ○ア-チファクト

      • 溶血
      • 高脂血症
      • 質の悪いキャットフード
      • 薬物(アスコルビン酸,セファロスポリン,バルビツール酸,アセト酢酸,フルクトース,グルコースなど)

    ◎Cre減少

    • ○筋肉の減少
    • ○妊娠
    • ○ア-チファクト

      • Tbilが10mg/dl以上

    ◎ALT上昇

    • ○肝細胞壊死
    • ○肝細胞膜透過性亢進

      • 低酸素症
      • 肝細胞壊死
      • 肝血液潅流の低下
      • 急性膵炎
      • 創傷
      • 腫瘍
      • 犬伝染性肝炎
      • 敗血症
      • 肝硬変
      • 薬物性
      • 胆管肝炎

    ◎ALP上昇

    • ○グルココルチコイド誘発アイソエンザイム(犬)

      • ストレス,副腎皮質機能亢進症,グルココルチコイド投与
    • ○骨の成長期
    • ○胆汁欝滞,胆管炎
    • ○抗痙攣薬誘発アイソエンザイム
    • ○バルビツール酸投与
    • ○腫瘍(骨肉腫,乳腺混合腫瘍など)

    ◎Glu減少

    • ○測定エラー
    • ○医原性(インスリン)
    • ○肝不全
    • ○敗血症
    • ○トイ種の新生子低血糖
    • ○猟犬の低血糖
    • ○副腎皮質機能低下症
    • ○飢餓
    • ○腫瘍(インスリノーマ,肝癌など)
    • ○グリコーゲン貯蔵病

    ◎TCho上昇

    • ○食事性
    • ○クッシング症候群
    • ○甲状腺機能低下症
    • ○糖尿病
    • ○胆汁欝滞
    • ○急性膵炎
    • ○ネフローゼ症候群
    • ○遺伝性(シュナウザー)

    ◎Amy上昇

    • ○膵炎,膵組織壊死,腫瘍
    • ○膵管閉塞
    • ○腎疾患
    • ○前立腺炎
    • ○小腸炎
    • ○糖尿病性ケトアシドーシス
    • ○肝障害
    • ○肝癌

    ◎Lip上昇

    • ○膵炎,膵組織壊死,腫瘍
    • ○腎疾患
    • ○腸疾患

    ◎CK上昇

    • ○筋肉損傷
    • ○筋炎
    • ○口腔内病変
    • ○栄養性,変性性筋疾患
    • ○心筋梗塞

    ◎LDH上昇

    • ○アーチファクト(溶血,分離遅延)
    • ○肝,腎,筋肉,その他の細胞壊死
    • ○腫瘍

    ◎Ca上昇

    • ○腫瘍
    • ○肉芽腫性疾患
    • ○腎不全
    • ○上皮小体機能亢進症
    • ○血液濃縮
    • ○ビタミンD過剰症
    • ○骨吸収
    • ○アジソン病
    • ○先天性甲状腺機能低下症
    • ○血液腫瘍

      • ●リンパ腫
      • ●リンパ性白血病
      • ●骨髄の増殖性疾患
      • ●多発性骨髄腫

      ○骨転移を伴う固形腫瘍

      • ●乳腺癌
      • ●鼻腺癌
      • ●膵臓癌
      • ●肺癌
      • ●その他の上皮性腫瘍

      ○骨転移を伴う固形腫瘍

      • ●乳腺癌

      ○骨転移を伴わない固形腫瘍

      • ●●肛門嚢腺癌
      • ●間細胞腫
      • ●扁平上皮癌
      • ●甲状腺癌
      • ●肺癌
      • ●膵臓癌
      • ●線維肉腫
      • ●乳腺混合腫瘍

    ◎Ca低下

    • ○低Alb血症
    • ○腎不全
    • ○子癇(しかん)
    • ○急性膵炎
    • ○エチレングリコール中毒
    • ○食事性欠乏
    • ○Ca,ビタミンD吸収不良
    • ○上皮小体機能低下症
    • ○骨へのCa沈着亢進
    • ○高P血症
    • ○低Mg血症
    • ○EDTAの影響

    ◎P上昇

    • ○アーチファクト

      • ●分離遅延(赤血球からの脱出)
      • ●溶血
    • 〇幼若動物
    • ○腎不全
    • ○食事性
    • ○医原性

      • ●ビタミンD過剰症
      • ●リン過剰の製剤
    • ○上皮小体機能低下症
    • ○組織損傷または壊死
    • ○骨吸収
    • ○食欲不振,嘔吐動物での特発性

    ◎P低下

    • ○食事性

      • ●食事成分不足
      • ●吸収不良
    • ○原発性上皮小体機能亢進症
    • ○高インスリン

      • ●医原性
      • ●インスリノーマ
    • ○糖尿病
    • ○ビタミンD欠乏症
    • ○細胞内への移動
    • ○グルコース投与
    • ○アルカローシス
    • ○子癇(しかん)
    • ○高カルシトニン

    ◎K上昇

    • ○アーチファクト

      • ●EDTA-2Kの使用
      • ●カテーテル汚染
      • ●材料放置(脱水)
      • ●激しい溶血・高Na
      • ●白血球(20万以上)・血小板増加(100万以上)
      • ●秋田犬の赤血球溶血
      • ●採血直前の激しい運動
    • ○摂取過剰(まれ)
    • ○医原性(KClの過剰投与)
    • ○排泄低下

      • ●無尿・乏尿
      • ●尿路系破裂
      • ●副腎皮質機能低下症
      • ●腎髄質障害

      ○細胞外への移動

      • ●ミネラルアシドーシス(高Clあり)
      • ●組織の広範な破壊
      • ●血漿高浸透圧(高血糖)

    ◎K低下

    • ○アーチファクト

      • ●高脂血症(乳び)
      • ●高蛋白血症(11g/dl以上)
      • ●カテーテル汚染
      • ●白血球増加と血清分離遅延
      • ●高BUN(115mg/dl以上)
      • ●高血糖(1000mg/dl以上)
    • ○Kの喪失

      • ●嘔吐
      • ●下痢
      • ●腎からの喪失(猫の腎不全)
      • ●尿細管アシドーシス(まれ)
      • ミネラルコルチコイド過剰

        • ●アルドステロン過剰症(まれ)
        • ●副腎皮質機能亢進症
    • ○Kの細胞内移動

      • ●急性アルカローシス

        • 呼吸性
        • 重炭酸塩投与
    • ○希釈
    • ○摂取低下(まれ)
    • ○医原性

      • ●重炭酸塩投与
      • ●インスリン投与
      • ●輸液による希釈
      • ●利尿薬投与

    ◎Na低下

    • ○アーチファクト

      • ●高脂血症(乳び)
      • ●高蛋白血症(11g/dl以上)
      • ●カテーテル汚染

      ○水過剰

      • ●飲水過剰
      • ●電解質を含まない輸液
      • ●循環血液量低下

        • ネフローゼ症候群
        • 右心不全
        • 肝硬変(腹水)

        ●ADH(バソプレシン)分泌

        • 近位尿細管での水再吸収増加
        • 遠位尿細管からの水排泄低下

        ●ADH異常分泌(SIADH:バソプレシン分泌異常症)

        • 特発性
        • 中枢神経系疾患
        • 肺疾患

      ○Naまたは水の移動

      • 高K;細胞内へのNa移動
      • 血漿浸透圧上昇;細胞から水が出る

      ○Na喪失過剰

      • ●以下の場合にNaを含まない輸液

        • 多尿(とくに浸透圧利尿)
        • 嘔吐(とくに胃性嘔吐),下痢
      • 副腎皮質機能低下症(ミネラルコルチコイド不足,尿中へのNa排泄増加)
    • ○Na喪失過剰

    ◎Na上昇

    • ○アーチファクト

      • ●カテーテル汚染
      • ●材料放置(脱水)

      ○水喪失(水補給なしに水だけを喪失)

      • ●不感蒸泄

        • 昏睡
        • 高体温
        • 飲水不足

      ○腎からの喪失

      • ●尿崩症
      • ●浸透圧利尿
      • ●糖尿病

      ○腸からの喪失

      • ●浸透圧性寫下薬

      ○Na蓄積

      • ●高アルドステロン(まれ)
    • ○Na摂取過剰
    • ○医原性

      • ミネラルコルチコイド
      • 水なしの濃厚飼料
      • Naを含む輸液
      • 水補給なしの浸透圧利尿

    ◎Cl低下

    • ○アーチファクト

      • 低値

        • 高脂血症
        • 高蛋白血症
        • 溶血(RBC中の水による希釈)

      ○Na喪失と同様の原因

      • 胃性嘔吐
      • 副腎皮質機能低下症
      • 利尿薬投与

    ◎Cl上昇

    • ○アーチファクト

      • 激しい運動
      • Hb
      • Bil

      ○高Naと同様の原因

      • 脱水
      • 高Cl性代謝性アシドーシス
    • ○Cl過剰輸液