HEALTH CARE

健康管理

人間の医療同様、近年動物医療でも「予防医療」が求められています。事前に病気を予防することで、飼い主様、動物たちの生活の質向上に役立ちます。安心できる毎日を過ごすために、定期的な予防をお勧めしています。

狂犬病
狂犬病は犬だけでなく、人を含む全ての哺乳類に感染する感染症です。発症すると死亡率はほぼ100%で治療法もない恐ろしい感染症です。
日本では法律で生後91日齢以上の犬は狂犬病予防注射が義務付けられており、動物において昭和32年以降発症例はありません。しかし、日本の周辺諸国では狂犬病が蔓延しており、いつ国内に侵入してくるか分かりません。必ず対応をしましょう。
フェラリア
フィラリア症は蚊に刺されることで感染します。
フィラリアは細長い線状の虫で、体内に入ったあとは心臓や肺動脈に寄生します。寄生されてしまうと咳や息切れ、疲れやすいなどの症状が現れます。重度の寄生の場合、フィラリアが心臓の弁にからまり死亡する場合があります。
フィラリアは予防すれば100%防げる病気です。予防を怠ると「知らない間に感染していた」ということがあります。
フィラリアは蚊の発生する時期に合わせて注射や飲み薬等の予防が必要です。
ノミ・ダニ
ノミはペットの血を吸い、刺激を与え、またアレルギー性皮膚炎や条虫の媒介など健康上重大問題を引き起こすこともあります。さらにノミは、あなたの家の中に入り込み、卵や幼虫の状態で、畳の隙間やカーペット、家具のかげなどで繁殖を繰り返します。
環境中に存在するノミの成虫はたった5%、残りの95%が未成熟のノミ(卵・幼虫・蛹)といわれています。

また、ダニは貧血や皮膚病の原因になるだけでなく、病気の媒介など、健康上重大問題を引き起こします。草や木に登って、動物への寄生のチャンスを狙っています。特にワンちゃんを外に散歩に出す場合や、猫を外に出す場合、ノミ・ダニを連れて帰ってしまう可能性が否定できません。飲み薬や皮膚に垂らすタイプのお薬で対策が可能です。
混合ワクチン
ウイルス感染症・細菌感染症には

  • 有効な治療方法が無いもの
  • 死亡率が非常に高いもの
  • 人にうつるもの

などもあり、それらの病気に対しては感染前に予防することがとても重要になっています。

予防方法としてはワクチンが最も有効であり、1年に1回のワクチン接種により多くの感染症を予防することができます。本来は仔犬の時期以外でも、狂犬病予防接種、フィラリア予防、ノミ・ダニ駆除薬などと同様に非常に重要な予防の一つとなっています。
地域によっては伝染病の感染率の低さなどから忘れてしまいがちですが、”もしかかってしまうと非常に危険な病気”を予防してくれます。接種率の低下は地域の爆発的流行(パンデミック)につながることもあります。
皆様の大切なワンちゃん、ネコちゃんに適切な予防をしてあげてください。
避妊・去勢
近年、飼主様の知識の向上により、不妊手術を積極的に受けられる方が大変多くなってきています。不妊手術のメリットは大きいため、ご家族の一員として長く健康に過ごしていただけるように、当院では繁殖計画の無い方にはお勧めしております。
去勢手術では、マウンティングやマーキング、攻撃性を抑制し、精巣および肛門周囲腺の腫瘍・前立腺の病気等の予防に効果があります。避妊手術では、発情期特有の体調の変化や発情に伴う出血をなくし、子宮蓄膿症・卵巣および乳腺の腫瘍を高い確率で予防できます。
当院では去勢手術は1泊2日、避妊手術は2泊3日で行っております。術前検査を行い、より安全に実施できるよう努めております。糸を使わない手術方法なども取り入れておりますので、ご希望のかたはお気軽にご相談ください。

CONTACT US

当院へのご相談・予約窓口

お気軽にご連絡ください。

あさひのどうぶつ病院

045-953-2221(9:00〜19:00)
神奈川県横浜市旭区白根1-21-9(駐車場:病院に2台、近隣に6台)

おおもりのどうぶつ病院

03-3771-0075(9:00〜19:00。火曜日休診)
東京都大田区東馬込2-12-2(駐車場:病院に2台、近隣に6台)

あさひのどうぶつ病院

神奈川県横浜市旭区白根1-21-9

おおもりのどうぶつ病院

東京都大田区東馬込2-12-2